針を持てよ、競馬場へ出掛けよう

手芸と競馬、時々書評中心の雑記帖

骨董市は屋外買い物テーマパークや〜

昨日、小雨降ったり止んだりの中、靖國神社の骨董市に行って参りました!

f:id:tommy_goround:20150831120614j:image
戦利品全景‼︎詳細は後ほど

その後の予定の関係もあり、昼食後の14時頃から物色開始。午後&雨もあり、ほとんどのお店が開店休業中でした。
なんかあれだね、午後に魚市場行った時に似てる。おじちゃん、ヨダレたれそっそすみたいな、ゆるい雰囲気。(笑)


ほんとごめんなさい、物色に夢中で現場の写真撮り忘れました。なのでつまんねーだろうけど、活字レポートのみです。ごめんね。


まず目についたのが、骨董100均。
升やらぐい呑みやら、酒造メーカーのロゴ入りノベルティカップなどに私も相方も自然と引き寄せられました。

な、なにこのレトロなデザインに唐突な「純」のレタリック。。
ここでは親娘さんとおぼしきお二人のおばちゃまがベンチで、完全自宅モードでおしゃべりしておられて、会計の声掛けまでに躊躇してしまいました💦


相方はメーカー名の入ったガラスのぐい呑みあるだけ全部3つ、私も便乗して先ほどの「純」グラスと小物入れにと升を買ってもらいました。

こちら
f:id:tommy_goround:20150831120557j:image
相方とおばちゃんが「買い物上手ね〜」だとか「雨だから人少なくて、得したかもしれねぇす」とかなんかほんわか会話。
半分寝てたようなおばあちゃまに「毎週いつもやってるから、ここにいるからまたおいで」なんて言われちゃって、なぜか照れ笑いしてしまいました。


帰ろうとすると、おばちゃんが「あ、そうそう(とんの心の声「え、まけてくれるのかしら⁉︎」)、こんなんしかないけどオマケ」と飴ちゃんくれました。(笑)
f:id:tommy_goround:20150831121306j:image
手前がその現物飴ちゃん

なんだか子供の頃の駄菓子屋さんを思い出すような、いい店夢気分で次のお店へ。


お次は昭和レトロのおもちゃや牛乳ビン、ピンバッジなど、小学生の世界を凝縮したような品揃えのお店。
もう見てるだけでワキワキしちゃいます。

目についたのは、アルミの弁当箱。キュビズムな野球選手の模様入りや1500円のオバQのものより真っ先に釘付けになったのは、レトロなバンビのお弁当箱。

しかもよくみると前持主のお名前が彫られてる…⁉︎書いた訳でなく、確実にカッターなど鋭利な何かでやったやつや‼︎

f:id:tommy_goround:20150831122343j:image
前持主「なかじまりょういち」君。今はどこで何をされていらっしゃるのでしょう…


元々軽い落書きや前持主の栞が挟んであるような、前持主の所有していた痕跡のある個人的歴史に興奮してしまうタチなので、興味をそそられない訳がない!

値札がないので店主さんに訊ねると「それは状態が悪いので、800円ですね」

え、オバQ1500円、ウォルトディズニー©800円ですと‼︎⁇

以前から、アルミ弁当箱を裁縫箱にしている方を見て、いいな〜と思っていたので、思い切って

「あの〜、もう少しお安くならないでしょうか?(^_^;)」
ええ、はい。値切りましたよ。

「じゃあ700円で」
「買います(・・)」

こちらは考えあぐねた結果、リボンやレースを入れるケースにいたしました。
f:id:tommy_goround:20150831123439j:image
ね、ちょ、可愛くね?可愛くね⁉︎


そして最後にちょっと前に見ていたお店のトイミシンを目の保養を兼ねて、写真だけでも…と再度相方を連れて立ち寄りました。

以前から手芸用品店などで見かけていたトイミシン。
f:id:tommy_goround:20150831123946j:image

めちゃくちゃ可愛いけど、実家暮らし6畳部屋の私の部屋には必要がない上に、7000円前後と今の私にはなかなかの高値で取引きされる、でも憧れな一品だったんです。

気さくな店主のおじさまに伺うと、日本製で海外販売用に輸出されたものである意味逆輸入なのだそう。
ますますそそられます。

大きさも20㎝に満たないくらいでなにより軽い。これくらいなら私の部屋でも飾れるし、お値段も5000円でなかなかお値打ち。

f:id:tommy_goround:20150831124959j:image

それでもやはり今の私には分不相応。。
なので未練がましく眺めていると、

「あの件(個人間で彼が私にやらかしてくれた件なので詳細は省略)のお詫びも兼ねて、いるか?」

うひょーーー‼︎‼︎ええんか?ほんまにええんかいな⁉︎⁉︎

彼にぶんぶん頷き、おじさんに
「こちら、もう少しお安くry」
「なら4000円でどうですか?」

ちょうど彼の財布にぴったしな枚数の野口がいたので、縁談成立☆

おじさんも「大きい物持って帰るのめんどーだったからちょうどいいや(笑)」なんてお茶目なこと仰ってくれて、「じゃあお互いちょうどよかったです」なんてちゃっかり値切った奴が、調子こいたこと言ってお礼と共に去りました。

相方やん、本当にありがとう‼︎‼︎



でも靖国の骨董市の面白いところは、場所が場所なだけに件のおばあちゃまの後ろで、どう見ても戦後生まれのおじいちゃんが旧日本海軍の制服をお召しになって、喫煙所でその他右曲りのダンディ相手に演説していたり、
マジもんらしい特攻服やらピストル(法的に大丈夫なん?💦)売ってたりと、なかなかエキサイトなエンターテインメントテーマパーク気分を楽しめるところ。(笑)


今までいくつか骨董市やアンティーク展、蚤の市に足を運びましたが、ここが一番気に入りました。

次は門前仲町富岡八幡宮にトライしたいと目論んでおります。
広告を非表示にする